Search this site
YOU and the NIGHT and the MUSIC.......momo's diary
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
毛皮のマリーズのこと
悲しい予感は初めからありました。
このバンドはそう長くは続けないだろうな、と。
だからメジャー移籍した時は??と思ったけど見事に裏切られた(笑)。
いや、裏切られたというより、これが彼らの予定調和だったのだろうけど。

マリーズを知ったのは勿論イエローモンキー経由。
敬愛するロック姐さんから、ももちゃん絶対好きなバンドだと思うよ、とyoutubeで教えてもらったのがシスターマンの映像で、あーあー愛の賛歌流しちゃうなんて、こりゃもう相当なイエローモンキーファンだろうね。。。と思いきや、音はぐだぐだ、つーかパンクじゃん!ふーん変わったアプローチするわねん。。程度。
その後のビューティフルのPVも何かが心に引っかかったのだけど、しばらくはスルー。
そしたらキタよね、イエローモンキートリビュート。
トリビュートライブで審美眼ブギを選曲するセンスはいいけど、suck of lifeの解釈はアタシは納得しないわよ、冒頭、アレは女子に歌わすとこじゃないよ!!と何だかファン同士の感覚。
でも完全に負けた・・・と思わせてくれたのがヒーセのバースディライブ。
アレを観た人で、志磨くんに嫌な感情を抱いた人はいないと思う。
それくらい、イエローモンキーに対しての愛情がぐいぐい伝わってきたパフォーマンスだった。
だから、マリーズ引いては志磨くんはアタシにとって「イエローモンキーのファン代表」「したいこと・見たいことを的確に体現してくれる人」だった。
アタシの、いまや血肉になっているイエローモンキーをあそこまで愛して自分に取り入れてる志磨くんを好きにならないワケがなかった。

好きな人がアタシの好きなものを好きでないワケもなく、その後単独ライブで観た志磨くんはミック・ジャガーとか清志郎とかボウイとか愛の嵐のシャーロット・ランプリングとか、潜在意識を引っ掻き出すアクションを次々と繰り出してくれて、そしてそれは徐々にイエローモンキー云々抜きにしても十分に楽しませてくれる存在になっていったワケです。

メジャーアルバム第一弾、あれは純粋にかっこよかった。
コロムビアとかディレクターとかね、ああん、もう(笑)的な要素はあったけど、これからしばらくは楽しませてくれる、と思ったね。
ティンパンアレイの頃は迷走気味なのかと思ったけど、それでも鳴らされている音は神々しくすらあって少し悲しくもあった。
少し前まで刺すぞ殺すぞ死ね死ね死ね!!と絶叫してた人とは思えない(笑)優しさに溢れてた。
このアルバムの完全再現コンサート、本当にコンサート、というか完全に志磨くんのリサイタルだったワケだけど、ビロードのプリーツカーテンの舞台にお帽子でおめかしして出てきた志磨くんは本当に綺麗だった。
この瞬間がずっと続けばいいのに、と思った。
心のどこかで悲しい予感は続いていたけど。

第三弾アルバムがアビーロードで録音、そしてツアー最終日が日本武道館と聞いて、その悲しい予感は日に日に強まっていったワケで。
だからアルバムの全容が発表され解散が発表された時も、ああやっぱりか。。。とさほど驚かなかったのだけど。
悲しい予感は、浸れば浸るほど怒りに繋がっていくのだなー。
「解散」ということが、どれだけの暴力になるのか、この人は知っているハズなのに誰よりも知っていて然るべき人なのに、なぜそれをするのか。
しかもコレはジギースターダストか?ベルベットゴールドマインか?踏襲するのもいい加減にしてくれ。。。
愛と憎しみは表裏一体。
解散報道のラジオも雑誌も一切耳にも目にも入れる気がおきなかった。

でもね。
THE ENDを聴くとね。

終わりを告げることの方が告げられるよりも辛い、ということがひしひしと伝わってきて。
志磨くんを憎むことなんて出来なかった。
勿論、憎むなんて最初から出来ないのだけど。
聴きながらおいおいと泣いてしまった。
通勤の時になんて、聴けたもんじゃない。
このアルバムとはきちんと対峙しないといけない。
そうすることで自分も何かを終わりにすることが出来る。
まだよくは分からないけど、とにかく「きちんと」したいんだ。

アビーロードで録音された楽曲はさすがにロンドン臭がハンパなくてそれが微笑ましかったりしたのだけど、一番泣いてしまったのがダンデライオンで、ある種NAIにも通じる喪失感を感じたな。
吉井ちゃんが昔、号泣してしまったという髪結いの亭主もそう、幸せに対する不安だった。
幸せを素直に幸せ、と捉えられない人は幸せになんかなれないよ!とか言われてもね。
そこに安住するような彼じゃない。
志磨くん然り。吉井ちゃん然り。
それに仕方がない。
アタシはそういう人だから好きなんだもの。

イエローモンキーがいなくなって、バンドに対してそういう感情を抱くなんてもうないと思っていた。
でも、そうじゃなかった。
こんな気持ちにさせるなんて、さすがアタシが見込んだバンドだ(笑)

そして訪れる運命の2011年12月5日・・・
| 15:11 | 音楽 | comments(0) |
素晴らしき哉、この音楽


ケータイからのトーコーなのでどんくらいのサイズで載ってるか定かではないですが。
コレ↑を一畳くらいにプリントして部屋に飾りたいですね。

大分経ちますがJAPAN JAM、それはそれは楽しかったです。飲んで飲んで食って飲んで飲んで食って。。。
あまりに楽しかったので詳しいことは教えてあげません。ウソです。もうぶっちゃけ覚えてません。ダハハ。
そういや、マリーズ志磨くんのこの日近辺のブログで(おそらく)呼んでくれなかったことに「和哉さんのばか!ばか!」と言っていたことに萌えました。
そーだよネ、皆呼ばれてたもんね。気持ち分かるようんうん。
そんな毛皮ズのツアー最終日、リキッドルームに行くことになりました!ちょう楽しみ!

それと。あたいの青春の光(笑)ストンズのメインストリートのならず者がリマスター?されて再発されましたね。
ホントさー、困るんだよねそういうの。
ビートルズのモノボックスとかもそうだけど、もちろん興味はありますよ?
だがしかし!富豪じゃねぇし!買えねぇよ!
でも例え買っても既存のしか聴かないかもなぁ。
あたいのならず者はアイムソーリーじゃなく、(……)高校生時分に買ったソニー盤1800円だもの。
いやぁ。それにしても。
ならず者、久々聴いたけどやっぱりいい。
アナログだと二枚組なので各A面B面、計4面毎に味があるのよね。
その中でもやっぱりloving cupだね。もう奇跡的にかっこいい。
スティッキーフィンガーズのcan't you hear me〜のアーシー感を更に発展させた解放感がたまらんっす。
吉井ちゃんのトブヨウニがシャイエタに繋がっていくのと似たような発展性っつーの?分かります?(笑)
朝の通勤時にiPodで聴いてて、天気もいい日で、そのまま横須賀の方に行ったろか?と思いましたよ(赤い電車@くるり)。
なんか。
迷ったり病んだりしたら、ストンズを聴いたらいいのだよ。
そしたら、ちゃんと元の道に戻れる気がする。
| 22:01 | 音楽 | comments(0) |
きれてる
 駄目だ、徘徊が止まらない。
アタシが一番最初にハマったのがコレ
http://www.youtube.com/watch?v=zznV2V_G50U

でもやっぱりコレかなぁ。
切れすぎてるカッティングが。
http://www.youtube.com/watch?v=SFHFKoARY_I

フジでセッションするんだよきっと。
きよたんとアベとジョー・ストラマーと。
| 01:21 | 音楽 | comments(2) |
テンション、あがってる?
 さて。
チケットも全部揃ったし(Aちゃんサンクス!)、月末処理もこなしたし、バイトもとりあえず達成したし、あとはヒコーキでビューンとハカータまで飛んで、初日を4列目どセンターで観るまでです。

初日、4列目どセンターですって!!!

なーんかね、今回、すんなり取れた場所のチケ運が異様によかったんですたい。
苦労して手に入れたとこはそれなりなんですけど。
でもね、日々なんだかとっても忙しくて、髪の毛はプリン状態、ネイルも1ヶ月前のまま、着ていく服も決まってなーい、明日はデイトだし。毎日ウコン飲んでるし。
体、ぼろぼろやねん。そういや、4月(?)いっぱいで締め切りの限定CD(だっけ?)、応募してねーし(今日気づいた)。つーか、よしいかずやって誰だっけ?(ヒドス)

ちょっと前、ホントに数日前にやっとVOLTの特典映像を観たんだけど、曲順とかあまり関係ない、ダサくない駄作(・・・)を作ろうと思った、とかいう点には非っ常に共感を覚えて、ああやっぱりこの人はアタシが好きになった人だわぁぁと再確認したワケなんですけど、やたらと高いギターをぽんぽん買うとか、行けるかどうか甚だ疑問なモバ会員限定ライブ開催とか、ホント頼みますよー。。。と心配になることも多々あり。
つーか。
どうなんでしょ、今回のツアー。

某所でドラマーは某バンドの方(共演あり)との情報を得ましたが、どんなステージになるのかはもちろん、フタを開けてみないと分からないわけですけど。
まぁ、VOLTがくちびるモーション的なポップでキッチュでクレバー且つグラムな音のアルバムだと勝手に思い込んでいてそうじゃなかったばっかりに、読めねえよなぁ、宇宙キャバレーって??みたいな、どうしよ、アイシャドウ真っ青ラメラメがいいですか?矢島美容室みたいなカンジですか?って自分もどうしたらよいか分かりません。・・・ジャージで行こうかな(ウソだす)。

もうね、よう分からんし、元来懐古趣味甚だしいももちゃんですから、吉井和哉さんの昔の楽曲ばかり聞いてる昨今。
何百回聴いてるモンキーの曲でも、あー!と新たに発見する面もあったりなかったり。

・I Love You BabyとSweet & Sweetって裏と表ってカンジがしません?
同じアルバムに入ってるにもかかわらず、アンサーソング的な要素があるような。で、SWEET〜って「あ愛し合いたくて」みたいにセンテンスの前に母音が短く入るじゃん?それをバンドスコアの曲解説で本人は「レニー・クラヴィッツみたいなカンジで歌いたかった」って言っていてすんごい興味深かったんだよね。
どもり系(ってなんだよ)で言うと、前述のレニー・クラヴィッツ系と古いけどビートルズのshe loves youの「yesterday-yi-yay」系があるような気がして、後述はモンキーでいうとNAIかなぁ、とか勝手に思ってる。

・んで、そのNAIの(歌詞的な)アンサーソングってTALIかなぁ、とか。果てしない喪失感に基づく幸福感(逆も然り)に対する根拠のない安心感だったりTALI。

・つーか、吉井ちゃんはI Love You Baby好きだよねー。バンド時代のゲリラライブの時(スプリングツアーのDVDにも入ってるね)も曲決めるミーティングで「〜と〜とI Love You Babyでいいです」って超投げやりだったもんな。大森屋に怒られてたもんな。若かったね。いや、すでにおっさんだけど、明らかに今より若かったよね考えが。

・そのI Love You Babyですが、椎名林檎嬢のアイデンティティのイントロのリフが激似。

・そんなことはどうでもいいんですけど。
そろそろライブでrainbow演ってくれないですかね?
HIKARETAも聴きたいし、発光はどうなったんですか社長ーーー!!!!

・決めた!!!福岡は目の周り真っ黒で行く!イメージ、スージー・クアトロみたいな(笑)。
悪魔とドライブしちゃう?!?!いくいくー!!!
| 02:56 | 音楽 | comments(2) |
特効薬
今日、はねとびを観ていたら、なーんか聴いたことのある曲がBGMとして使われていて早速あいぽっどで検索。
Ain't No Stoppin' Us Nowでした。


あたいが持ってるのはコレ「Boogie Nights」のサントラでっす。
ホントこの映画、ただのエロ映画じゃないんだよ。選曲が秀逸!!!
The EmotionsのBest Of My Loveとかさ、凹んだ時に聴くと元気が出ますね。
つーか、曲名が覚えられない今日この頃。曲名どころか、自分が持っているCDの把握も儘ならず、レンタルで持ってるヤツ借りてきちゃったりして。ヤヴァイですね。

周期的にやたらとディスコとかソウルとかが異様に聴きたくなる時期がありまして、先日はSaturday Night Feverのサントラを借りてきやした。

ご存知、超名盤!つか名作!
てかさ、今、CMでも使われてるもんね(ジョージ・クルーニー、カコヨス!)
あ、Stayin' Aliveをオジー・オズボーンが歌ってるバージョンがあるらしいんだよね。
HEESEY WITH DUDES(懐)のラストツアーのSEで使われてたよね!!超アガルんだわぁ。ずっと探してるんだけど、未だ見つからず。ヒーセに聞いてみっかな。
あと、ノーランズとかいいですねー。ダンシング・シスターはよくTVでも使われてるし。思わずボックス踏んじゃうよNE!(ってディスコ世代じゃないですけどー)(ウッドストック世代ですがー)(んなワケないしー)
無条件でアガれる音楽を欲してんのかな、Scissor Sistersとか。

ときめきダンシンだよ?!?!カッコ良すぎて悪すぎて笑っちゃうよね。
エルトン・ジョンがピアノで参加、っつーのも笑える。

そしてそして。一番の特効薬である吉井ちゃんですが。
動画が配信になったとかなってないとかで(なってます)。
思わずあいちゅーんずにて購入ぽちっとな。
やーまーだーくーーーーん!!!!
えっらいカッコヨスカッコヨス!!
ああいうマイク?だからお顔のシンメトリーさが際立って、あぁもうなんつーキレイなの?!ドラマとかでは何とも思わなかったのに(笑)。
ようつべで1回のみ拝見しましたが、すぐに削除されてましたからね。もうガン見。
(余談ですが、ウチの会社にボス的女子社員がいるのですが、超ゲーノー界に詳しいのね。
んで、前は同じフロアにいたのだけど今は異動しちゃって、電話でしか話はしないのだけど。
この前、用事があって電話してたらイキナリ「そーいや、吉井さんのPVに山田くん出てるよね?!TVKとか、今度いつ流れる?!」とすんごいイキオイで聞かれました。
まぁその人は、吉井よりも山田くん狙いなんですけど。念のため、「6月はたぶん、あまり出勤しませーん」と言っておいた♪)
もう、なんつーか。大好物を凝縮したカンジで。
こうなったらあいぽっどにぶち込んで毎日観てやるわ!けけけ。
そんでもって、バックバンドに徹している吉井ちゃんですが。
ドラム⇒なんであんなに切れてんの?超違和感。昔、テッテケテテッテケテ・・・とやっていた人がここまでになったのは感慨深いものがありますが。なーんか笑える。アニーにもう1回指導してもらえ!
ベース⇒アーグポリス。。。
ギター⇒吉井ちゃんってエレキが似合うのか似合わないのか、よう分かりません。たぶん、似合わないんだろうな(ヒドス)。
ひっさびさの、ヘビロテPVですねー。バッカのへなちょこリーマンにも萌えますが、やっぱりメイクがっつりが大好きです。
| 00:15 | 音楽 | comments(0) |
祭のあと
怒涛のthe who週間が終わりました。
詳しくは後日、つらつらと書きたいと思いますが。
ホントにホントに。
最終日って淋しいものですねーーーーー!!!!(涙)(水野晴郎)
マジで。
脳味噌アルコール漬けの毎日なのに。体イタイのに。
寝れないほどアドレナリンが放出されてます。
あのね。観なかった人、一生後悔するわよ!
| 00:46 | 音楽 | comments(1) |
キタコレ!!プログレ
そもそもは、ライジングをご一緒した大阪のロック姐ちゃん・ほくろんが「ももてぃん、知ってる?」と教えてくれた映画がキッカケなんだけど。

ロック誕生

いやぁもうキライなワケないでしょ?!?!血湧き肉踊るとはこのことでしょ?!?!
オヤジスキーえぇ自分、団塊の世代っすから!!みたいなあたいが気にならないワケない映画。観たいよ観たいよー!!!!デトロイトメタルシティーも観たいけど、日本のロック、かっけー!!!(デトロイト〜もジャパメタだけど)
んで。最近ずっと「はっぴいえんど」を聴いていたのでーすぅー。


はい、キタコレ!!
はっぴいえんどのファースト「はっぴいえんど」通称「ゆでめん」 僕イケメン!とか言わない、そこ!!
普段だったら断然「風街ろまん」の方がスキなんだけど、アレは夏のアルバムだからね、おセンチな季節到来なこの時期はゆでめんの方がしっくりきます。
まぁもっと寒くなってからの方がどんずばですけど。たまにライブ盤も聴くけど、こーれーがー。。。びっくりするほどへったクソで。。。超笑えます。
(余談ですけど学生時分、友達が「風街ろまん」の細野のお面を作ってジャズ研合宿でかぶっていたという、ある意味ビークルの走りみたいなことしてたのを今思い出しました。)

そんでもって、村八分とかcharのPINK CLOUDとか聴いてて、んーそういえば「ロック誕生」の予告編でFLOWER TRAVELLIN' BANDも出てたなーカッコよかったなー。
しかも、TOKIOのロック姐ちゃんもジョーさん好きだしなぁブログに書いてたし。
あー!!フジロックどうだったんだろ??。。。。
と思っていタラバ蟹(工船)!!!!!
先日、バイトから帰ってハァ疲れたホイ。とTVをつけたら、たまたまフジロック・ダイジェストをやっていて(民放でだよ!?!)おっ!the music!!sparks!!!ときゃっきゃしてたら、丁度FLOWER TRAVELLIN' BANDもチラっとやってて。
ももちゃん、度肝を抜かれましたです、ハイ。。。
ジョー山中がゴールドのてかてかしたお衣装で、人間離れした声を出しておるではないか?!?!
こ・れ・がっ!!!!ウワサの(どこでウワサになってるの?)「SATORI」かいなっ!!
ギャオス!!!!!
あ”−−−−−っ!いつぞやのライジングにジョーさん出演で「人間の証明」歌ったんだよねー。。。
見逃したけど。
あーあーこれは、久々に「逃したら 絶っっっ対 後悔する」アレだよ!!
あーあー見たい見たい見たいーー!!
と思ってFTBのオフィ見たら。
9月20日、ヨコハーマでライブだって。
ちょちょ待って。急すぎる。。。で、更に検索。。。
10月5日、日比谷野外音楽堂 ゲスト:Johnny , Louis & Char
ギャギャオス!!!!
ここコレは・・・行きたい!!しかもcharて!!!
あー、これはいつぞやの冨士夫ちゃん状態じゃないか!!
まだ村八分聴き始めて間もない頃、クロコダイルにライブに行こうか迷って、結局行って大正解だった巻〜。ジャマイカ!!!
これは、行く方向で現在検討中。

そしてそして。その奇跡の真夜中にノックアウトの翌日、久々大学時代の友人と飲むことになったのだけど(男の子です)、手羽先食べたあと、たまーに行くカワサーキのとあるロックバーに行ったのね。
そしたらそのお店で、ボンジョビ(ってカタカナだとカコ悪ぅ)を流してて、店の兄ちゃんが何か観たいのがあったら流しますよ。と、いくつかDVDをセレクトしてくれたのだけど。
あー!2005年のライブ8だっ!!!コレ見せてください!!!
ディスク4まであったのだけど、ディスク3をチョイス。
何故なら。あたいのおじいちゃん・ピート(注:the whoです)がいたんだもん!
しかも、スティービー・ワンダーとか再結成が話題になったピンクフロイドも入ってたんだもん。
で、最初ロキシーミュージックとか出てて、誰だっけ??この人、奥さんをミックに取られた人!!(注:ブライアン・フェリーです)みたいな、名前が出てこない病でいらいらしながらも、やっぱ迷信カッコえぇよなぁ。。スティービーってホントは目見えるんじゃないの?だってかわいい女の子ってすぐ分かるじゃん?とか言いつつ、おっ!ピンクフロイド!キタコレ!
。。。。。。あーあーあースキだわぁぁぁ。。。。。。。
ぶっちゃけ、夜明けの口笛吹きしか持ってないのですよ、で、プログレとかあまり知らないし聴いてて疲れちゃうからほとんど知らなかったのだけど。
やべっ。。。大人の麻疹だわ。。。。
でも、この再結成ライブってすんごい酷評されてたよね、全然そう思わないのだけど、往年のファンの方にとってはアレ(ドレ??)なのかしら??
うーうーうー。。。かかかっこいいよぉぉーーー。。。と、この日3杯目のクエルボロックを片手に痙攣起こしそうなあたい。
折角、同年代の殿方と一緒に飲んでるのに、色っぽい話のカケラもなかった(笑)。
(余談ですが2、このライブ8って日本でも同時開催でRIZEも出てたよね。この年、吉井ロビンソンとかいう人のツアー最終日と被ってたのだけど、そこは器用且つ体力のあるあっくん、かけもちしてたよね。懐かしい)
殿方の終電ギリギリまで飲んで、そのままツタヤへ直行のあたい。
酔いに任せて借りまくりの巻。

FLOWER TRAVELLIN' BAND 「Made in Japan」「Make Up」「SATORI」
Pink Floyd 「Dark Side Of The Moon」
King Crimson 「Larks' Tongues In Aspic」
和田アキ子 「Free Soul -AKKO-」
大滝詠一 「A LONG VACATION」
笠置シヅ子 「笠置シヅ子全曲集」

おい、なんで笠置シヅ子?! 東京ブギウギと買物ブギが聴きたかったのさ。
最後、プログレじゃないじゃーん。。


追記::
コレ書いてる間に、FLOWER TRAVELLIN' BANDの野音、行くことにケテーイ!
チケも取ったぞーい!!
そしたら。
冨士夫ちゃんもライブするってよ!!
ヤヴァス!!!





| 22:20 | 音楽 | comments(1) |