Search this site
YOU and the NIGHT and the MUSIC.......momo's diary
<< ROCK IN JAPAN FES.2011 (8/7) | TOP | 毛皮のマリーズ TOUR 2011 "Who Killed Marie?" at 日本武道館 (12/5) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
毛皮のマリーズのこと
悲しい予感は初めからありました。
このバンドはそう長くは続けないだろうな、と。
だからメジャー移籍した時は??と思ったけど見事に裏切られた(笑)。
いや、裏切られたというより、これが彼らの予定調和だったのだろうけど。

マリーズを知ったのは勿論イエローモンキー経由。
敬愛するロック姐さんから、ももちゃん絶対好きなバンドだと思うよ、とyoutubeで教えてもらったのがシスターマンの映像で、あーあー愛の賛歌流しちゃうなんて、こりゃもう相当なイエローモンキーファンだろうね。。。と思いきや、音はぐだぐだ、つーかパンクじゃん!ふーん変わったアプローチするわねん。。程度。
その後のビューティフルのPVも何かが心に引っかかったのだけど、しばらくはスルー。
そしたらキタよね、イエローモンキートリビュート。
トリビュートライブで審美眼ブギを選曲するセンスはいいけど、suck of lifeの解釈はアタシは納得しないわよ、冒頭、アレは女子に歌わすとこじゃないよ!!と何だかファン同士の感覚。
でも完全に負けた・・・と思わせてくれたのがヒーセのバースディライブ。
アレを観た人で、志磨くんに嫌な感情を抱いた人はいないと思う。
それくらい、イエローモンキーに対しての愛情がぐいぐい伝わってきたパフォーマンスだった。
だから、マリーズ引いては志磨くんはアタシにとって「イエローモンキーのファン代表」「したいこと・見たいことを的確に体現してくれる人」だった。
アタシの、いまや血肉になっているイエローモンキーをあそこまで愛して自分に取り入れてる志磨くんを好きにならないワケがなかった。

好きな人がアタシの好きなものを好きでないワケもなく、その後単独ライブで観た志磨くんはミック・ジャガーとか清志郎とかボウイとか愛の嵐のシャーロット・ランプリングとか、潜在意識を引っ掻き出すアクションを次々と繰り出してくれて、そしてそれは徐々にイエローモンキー云々抜きにしても十分に楽しませてくれる存在になっていったワケです。

メジャーアルバム第一弾、あれは純粋にかっこよかった。
コロムビアとかディレクターとかね、ああん、もう(笑)的な要素はあったけど、これからしばらくは楽しませてくれる、と思ったね。
ティンパンアレイの頃は迷走気味なのかと思ったけど、それでも鳴らされている音は神々しくすらあって少し悲しくもあった。
少し前まで刺すぞ殺すぞ死ね死ね死ね!!と絶叫してた人とは思えない(笑)優しさに溢れてた。
このアルバムの完全再現コンサート、本当にコンサート、というか完全に志磨くんのリサイタルだったワケだけど、ビロードのプリーツカーテンの舞台にお帽子でおめかしして出てきた志磨くんは本当に綺麗だった。
この瞬間がずっと続けばいいのに、と思った。
心のどこかで悲しい予感は続いていたけど。

第三弾アルバムがアビーロードで録音、そしてツアー最終日が日本武道館と聞いて、その悲しい予感は日に日に強まっていったワケで。
だからアルバムの全容が発表され解散が発表された時も、ああやっぱりか。。。とさほど驚かなかったのだけど。
悲しい予感は、浸れば浸るほど怒りに繋がっていくのだなー。
「解散」ということが、どれだけの暴力になるのか、この人は知っているハズなのに誰よりも知っていて然るべき人なのに、なぜそれをするのか。
しかもコレはジギースターダストか?ベルベットゴールドマインか?踏襲するのもいい加減にしてくれ。。。
愛と憎しみは表裏一体。
解散報道のラジオも雑誌も一切耳にも目にも入れる気がおきなかった。

でもね。
THE ENDを聴くとね。

終わりを告げることの方が告げられるよりも辛い、ということがひしひしと伝わってきて。
志磨くんを憎むことなんて出来なかった。
勿論、憎むなんて最初から出来ないのだけど。
聴きながらおいおいと泣いてしまった。
通勤の時になんて、聴けたもんじゃない。
このアルバムとはきちんと対峙しないといけない。
そうすることで自分も何かを終わりにすることが出来る。
まだよくは分からないけど、とにかく「きちんと」したいんだ。

アビーロードで録音された楽曲はさすがにロンドン臭がハンパなくてそれが微笑ましかったりしたのだけど、一番泣いてしまったのがダンデライオンで、ある種NAIにも通じる喪失感を感じたな。
吉井ちゃんが昔、号泣してしまったという髪結いの亭主もそう、幸せに対する不安だった。
幸せを素直に幸せ、と捉えられない人は幸せになんかなれないよ!とか言われてもね。
そこに安住するような彼じゃない。
志磨くん然り。吉井ちゃん然り。
それに仕方がない。
アタシはそういう人だから好きなんだもの。

イエローモンキーがいなくなって、バンドに対してそういう感情を抱くなんてもうないと思っていた。
でも、そうじゃなかった。
こんな気持ちにさせるなんて、さすがアタシが見込んだバンドだ(笑)

そして訪れる運命の2011年12月5日・・・
| 15:11 | 音楽 | comments(0) |
スポンサーサイト
| 15:11 | - | - |
コメント
コメントする