Search this site
YOU and the NIGHT and the MUSIC.......momo's diary
<< 毛皮のマリーズ TOUR 2011 "Who Killed Marie?" at 日本武道館 (12/5) | TOP | Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ @日本武道館 (12/8) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
「LIVE BURGER SPECIAL」 at ZEPP TOKYO (9/5)

久々にメモしておきたいライブでした。

「LIVE BURGER SPECIAL」 ドレスコーズ/ザ・クロマニヨンズ/THE BAWDIES

これがー!めっさ楽しかったー!!久々震えるほど楽しかった(どんだけ!)!
一番のお目当ては勿論ドレスコーズ。
新人バンドですから、トップバッターであろうことは容易に想像出来ます。
そうだ!ここでまず申し上げたいのは、チケットの整理番号がなんと50番台であったことです!
ZEPPですよ?!実力行使次第では最前列に行きそうなイキオイでありますが、もうそんなライブキッズじゃないしーフザケタことにサンダルで参戦だったしー(よい子は真似しないでください)中ほどでマターリ観ようとタカをくくっておったわけです。
そんなこんなでドレスコーズ。
SEはヴェルヴェットアンダーグランドの「All Tomorrow's Parties」。
うわー何か予感させるわぁぁぁ。。。
しっかし、まだシングル1枚しか出してなくてどーすんの?と思いきや、先頃1stアルバムが出来上がったそうで、そこからの曲も何曲かありましたがやっぱり盛り上がりはイマイチ。
まぁ当然っちゃあ当然ですが。
でも志磨くんの鬼気迫るお顔がまぁ何とも可愛くて。早く沢山ライブを演ってアルバムもばんばん出して成長しなはれ。。。と母のような心持でした。
そんでもって最後に志磨くんてば客席にダイブしちゃったのですが、もう少しで蹴られる距離でした。。。
でも、うん、あのレペットのお靴で蹴られてもヨカッタな、ふむ(変態か)。
東京のイギー・ポップは健在でした。それに加え、高円寺のキース・ムーンも加わってもう佇まいは最高。これからがホンットに楽しみ。

ここでセットチェンジ。
まぁキャリアから言っても次はTHE BAWDIESかなぁ?と思ったし、クロマニヨンズのファンっぽいふくよかな(笑)カップルの女子の方が、「次、ボウなんとかでしょ?」と行って下がってきたので余裕ぶっこいて中ほどのバーの所にそのまま残っていたのですが。
・・・なんか雰囲気が違う。。。
「ヒーロートー!!!もう待てねぇよーーー!!!」
「マーシー!マーシー!」  注)全て野太い声です。
やばい!下がらないとヤラレル・・・!と思った時はすでに遅し。
「人間のみなさーん!」のアナウンス。ぎえーーー!!!!
もう、久々に超絶モッシュの真っ只中を体験しました。
とりあえず、サンダルの足を踏まれないようにするのが精一杯。
あとは嵐が過ぎるのをただじっと待つのみでした。。。
でもアレだなぁ、ヒロトくんのあのロックポテンシャルの高さは上がる一方だね。
凄すぎた。久々、耳キーンなったもん。
つーか、ふくよか女子よ、ファンならばセットで気付いてくれたまえ。。。

んで最後はTHE BAWDIES。
こうなったら、意地でもここに張り付いて見届けてやろうじゃねぇか!!と半ば自棄になったのですが、幸いなことに男子率はぐぐっと下がって辺りは女子ばかり。ヨカッタ。。。
でもって、ですね。
THE BAWDIESってあまり好きじゃなかったんです。
デビュー当時、ちょうどエゾに出てたのだけど、ふーん、デリコのナオキがプロデュースかー。。。興味ないわね。と、ロック姐ちゃんのお薦めを無視しちゃった経緯があったのよね。
その後も何度かフェスで見かけたことはあったけど、ちゃんと聴いたことはなかった。
その頃のアタシの馬鹿っっ!!!ばかばかっっ!!!
ナニコレ!!超絶楽しいんですけどー!!!!
もうその予兆はSEのブルースブラザーズ「Soul Man」から始まっていたのだけど(笑)
(やっぱり直前SEって大事だね。まさにプロローグだわよ!)
勿論、ああいうマージービートは嫌いじゃないし、揃いのスーツって出で立ちも大好きなはずでしょ?!アンタっ!
ああん、もう、ROYくんがROYくんが・・・かわいすぎるぅぅ。。。
MCになると売れない芸人のような喋りになるところがまた、いい残念感(なにそれ)が出てるし、ちょっと油断するとマッチョ体型になっちゃってスーツが似合わなくなるんです・・・ってところもイカスぅ!!
そして何より、あの顔であの声。
あの(あのが多い・・・)大貫憲章さんや星加ルミ子さんが大絶賛するって、どんな子ーーー!!!
早速本日、ツタヤさんでTHE BAWDIESをあるだけ借りてきました。
DVDは買っちゃおうかなー?ウキャっ(キモいです)。

そうそう、ボウちゃんのギターの子(JIMくん)が志磨くんのことを「マリーズは『チケットのノルマ1人10枚!』とか言われてた頃から一緒に頑張ってきた仲なので、デビューライブを一緒に演れて本当に嬉しいです」って言ってたなぁ。
なんか、いいなぁ。そういうバンドの横の繋がりって。

いやはやそれにしても何度も言いますが、THE BAWDIESのクオリティの高さ、ハンパないです。
曲を知らなくても踊れるバンドって、そうそうないと思うわよね。
先日のサマソニもそうだったけど、好みのバンドを見つけるってイベントの醍醐味ですね。
しばらくは飽きずに過ごせそうです(笑)。


*これ書いてて気付いたけど、先のエントリ、マリーズのラストライブの約1ヶ月前にTHE BAWDIESも初武道館しかも全方位開放っつー凄まじいライブを演ってのけてたんだよね・・・
同じ時期に同じ思いで頑張ってきた若いバンドが同じ時に武道館を沸かしてたって、すごく素敵な符合ですねー。

| 18:18 | 見聞 | comments(0) |
スポンサーサイト
| 18:18 | - | - |
コメント
コメントする